『社会と調査』31号

s31

特集 社会学・社会調査における機械学習の応用

2023年9月発行

編集・発行 社会調査協会

B5判 112ページ

ISBN 978-4-903473-43-7

目次はこちら

 

巻頭言

社会調査と実証的方法
社会調査教育との関連で
 後藤範章

  

特集 社会学・社会調査における機械学習の応用

論文 1. 社会学方法論と機械学習
 瀧川裕貴・藤原 翔

  

論文 2. 社会学における機械学習の応用
 大久保将貴

   

論文 3. 社会調査データのコーディングへの応用
 職業・産業コーディング自動化システム
  髙橋和子

  

論文 4. ウェブ調査データの処理に関する機械学習の応用
 尾崎幸謙

  

論文 5. 因果推論に向けた機械学習とセミパラメトリック推定の融合
 川田恵介

  

Refereed Paper

帝国データバンク社データベースからの地域横断型データ抽出法
 福島原発周辺の法人・事業所データセットの構築例を通じて
  吉田耕平

  

原発避難による世帯分離がもたらした家族の困難
 「双葉地方の住民を対象とした災害復興実態調査」(2011)自由回答データの計量テキスト分析
  坂井晃介

  

調査の現場から

ブランド調査を例にしたBtoB 企業における調査設計の考え方
 鈴木真生

  

調査実習の事例報告

セクハラの不快感に関する要因配置サーベイ実験
 安楽椅子社会学者の教える調査実習
  太郎丸 博

  

「自分事化」を促進する調査実習への試み
 李 妍焱

  

働く社会調査士

専門社会調査士としての10年間
 学びの変化と専門社会調査士の意義
  木山さゆり

  

まずは疑問を持つこと
 熊切かれん

  

Commentary

社会調査におけるTEAの活用
 TEM の作成を中心に
  木戸彩恵

  

Column 世界の調査/日本の調査

PISA
 学習到達度の国際比較調査
  鳶島修治

  

Column 社会調査のあれこれ

面接調査の欠票再訪問
 吉川 徹

  

WEB 調査で事前統制をどこまで許容すべきか
 佐藤博樹

  

私の3冊

アジア系移住者調査事始め
 田嶋淳子

  

書評

松永伸太朗・園田 薫・中川宗人編『21世紀の産業・労働社会学――「働く人間」へのアプローチ』
 今井 順

  

松谷 満著『ポピュリズムの政治社会学―― 有権者の支持と投票行動』
 宮野 勝

  

毛塚和宏著『社会科学のための統計学入門―― 実例からていねいに学ぶ』
 前田 豊

  

片瀬一男・神林博史・坪谷 透著『健康格差の社会学―― 社会的決定因と帰結』
 米倉佑貴

  

志田未来著『社会の周縁を生きる子どもたち――家族規範が生み出す生きづらさに関する研究』
 山口季音

  

数実浩佑著『学力格差の拡大メカニズム―― 格差是正に向けた教育実践のために』
 須藤康介

  


TOP

在庫状態 : 在庫有り
¥1,320(税込)
数量